STORY 01

お金や不動産がきっかけで
将来に不安を抱えたり、
不幸になる人を一人でも減らしたい。

不動産についてのトラブルを耳にしたり、時々不動産業界について悪いニュースが流れたりすることで、あまり良いイメージを持っていない方もいらっしゃると思います。
私も実家が不動産を所有していたことから、幼い頃から不動産に関するトラブルが身近にありました。そういった縁もあり、大学卒業後は東京の不動産会社へ就職しました。
そこでの業務を通して、不動産の仕事は人生を預かる仕事だと感じ、お客様のお悩みを解決するためには仲介取引だけでは限界を感じるようになりました。

STORY 02

「今日一日を、いまという瞬間を
心から楽しみ、大切に生きる」
ことの出来る社会を作りたい。

不動産に関するお悩みや解決策は個々人によって異なり、万人に最適な“正解”は存在しません。
一戸建てかマンションか?賃貸か購入か?などの二者択一で解決できる問題は多くありません。
本来であれば、答えを選択する所からではなく、ご自身の目的やお悩みからスタートすることが、納得できる解決策への近道です。
しかし不動産業界にはそういった所をサポートできる存在がまだまだ少ないと感じています。
迷い悩んでいる時、答えを知っているのは自分だけです。ですが判断できるだけの知識や方法を知らなければ、辿り着くことはできません。自分の中にある答えを引き出すためには、自分自身でも学び、考えていくことが不可欠です。
必要なのは正解を教えてくれる誰かではなく、答えを導き出す(判断する)手助けをしてくれる存在だと思います。
不動産業は複雑で専門的な知識も必要なため、自身で知識を得るには限界があります。
膨大で複雑な情報の中で疲れて行き詰まった時、相談できる誰かがいれば、一人で抱え込まず、少し違う角度から見る機会を得ることができます。

不動産の仕事は人生を預かる仕事です。
商品を取引する関係ではなく、縁あって出会った関係を大切にし、一過性の関係ではなく、夢を話したり、行き詰まった時に相談できる、少し”おせっかい”で頼りになる存在でありたい。
自分の会社をはじめる時、そんな不動産会社にしたいと思いました。

毎日が同じ繰り返しに思えても実は同じ体験は二度とできません。
二度と来ない今日という日を大切に、悔いなく暮らしていただきたい。
『Carpe Diem』という会社名はそんな気持ちから付けた名前です。

不動産は、人が集まる場であり、喜怒哀楽が表現されるコミュニケーション空間です。
自己責任と言われる時代だからこそ相互扶助を大事に、笑顔が絶えることのない空間をご提供できるよう、不動産を通して過去から未来への橋渡しをしたいと思っております。